スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おうおう☆スリランカ その7 あぁ!完結!!!

【ラジャ・マハー・ヴィハーラでゆったり過ごす】

DSCF2386.jpg
<移動はスリーウィラー!!!だいたいみなさん、ギュウギュウ仲良く乗ってます>

一泊弾丸寺寺三昧の旅から戻り、翌日。
アンマーの弟さんの運転で、コロンボ近郊のキャラニヤへ行きました。

訪れたのは、ラジャ・マハー・ヴィハーラ。またお寺、ひたすらお寺。
釈迦が説法したとされる寺院です。わたし、何気にここが一番落ち着くかもーと感じた場所でした。

DSCF2816.jpg  DSCF2817.jpg
<とりあえず、寺院をぐるっと囲うレリーフが可愛すぎて、悶絶。ぜひアップで見てね!!!>

きれいに撮れずに、こころに焼きつけたのですが、寺院内の壁画もものすごく美しかったです。
ココナツオイルを注ぎ、祈りをささげ、水を注ぎ、祈りをささげ、菩提樹の下でただ祈る。

スカートのすそは持ち上げずにね、オイルは両手で慎重に注ぐのよ、
供物の花の香りを嗅ぎなさんな!など、色々教えてもらいました。ちょっとはレディになれたかしらん?

DSCF2820.jpg

その夜・・・。
さて眠ろう、明日はもう帰国だ・・・なんて素晴らしい毎日だったろうとぼんやり天井を眺めていました。

視力がものすごく弱いので、見るともなく見ていたのですが、なにやら光が見える・・・。
勘違いかな?ふわっと光ったような・・・
ん!!!あ、また光った☆

メガネをかけて、よく見ると、なんと蛍が遊びに来ていました♪
今回の旅は、たくさん生き物たちが祝福してくれて、行く先々で「OK!」というサインを
送ってくれた気がしてならなかったのでした。

わたしは生き物がとっても好きなのです。そのこと自体も、思い出した感じです。

翌朝、アンマーに「部屋に蛍がいたよー」と報告したら、「すごくラッキーな印よ、いいわねぇ」と
やっぱり喜んでくれました。
スリランカのお宅では、各部屋ごとに祈りをこめたオイルの小瓶を、天井付近に下げたりしています。
スリランカ風水ってかんじかな?
それも私はいいなぁと思いました。

【いよいよ帰国?!いつ着くの???日付変更線!!!?】

さて。とうとう別れの日です。
深夜便で日本に帰ります。
荷物もしっかり詰めたし、午後はゆったりスパイス屋でも覗こうね☆と。

お出かけのスリーウィラーの中でいきなり天の啓示がきました。

「帰国はほんとうに今日ですかな?」
「は?そうですけど?!」
「今日の深夜に発つのに、今日の昼に日本に着くんですかな?」
「あ、はい。そうチケットに書いてありましたやん・・・」
「あっちとこっちの時差はどうなってましたかな???今、もう日本は今日の午後かと・・・」

「いーやー!!!!!!!!!!!!」
※帰国にあわせて、パートナーが成田に迎えに来てくれることになっている※

アンマーに事情説明。パニック、パニック、大パニックです。
買い物もままならず、いやそこはスリランカタイムwしっかり用事は済ませ。

帰宅してチケット確認。
英語表記のそれをもう一度じっくり睨む。

スリランカ・4/9深夜発→日本・4/9昼着(ってまぁ1日追加だけどね)
って書いてある・・・・・・・・・ごーーーーーーーーん。
つまりは、到着は4/10・昼でござる。

「出発は間違ってないならいいじゃない♪解決ね」とすっかり安心のアンマーをよそに、
パートナーへの多大なる迷惑と心配の波に飲まれる私(泣)ガクブルしたままの私を想い、
アンマーが彼に電話をしてくれることに。(子供か、わたしよ)

蓋を開けてみれば、賢明な彼は成田へ向かう前に帰国便を確認し、今日の便がないことを
知り、「勘違いだったようなので行かないよ」とメールを書いてくれていたとのこと。
いつもいつも、肝心なときも普通のときも、しょっちゅう間違える私をよく理解してくれているのですね。

安心して電話を切ると、堰を切ったように涙が溢れました。
笑い泣き、止まらず。
アンマーも、一緒にいてくれたアンマーの義理の妹インディカも爆笑しながら、目じりに涙。
バカな子だねぇ、あははっはという感じ。スリランカの太陽みたいな明るい笑い声。
なんともいえない幸せな時間でした。

【帰国。キレテナイデスヨ。】

ようやく安心して、空港へ向かう、かと思いきや。
空港近くの親戚のお宅にてディナー。

お邪魔すると、リビングでパンツ一丁のちいさいおっちゃんがソファで寝ています。
えっと、旦那さんかなー!?
「あ、友達なの、近所の」
うわおwww
そんなやりとりしていたら、おっちゃん目を覚ます。
「おぉ、日本人?そうかそうか、ゆっくりしていきな!あぁ、帰るのか!」
早口で、なんだかコメディアンみたいな(カトちゃんっぽい)口調でおもしろい。

最後はこの旅一番の辛~いお夕飯の洗礼を受け、鼻水ずるずるにて、
スリランカのごはん食べ納め、でした☆

***

空港に無事入り、アンマーとインディカと爽やかな別れ。
なぜか、ハワイやタヒチのような感慨はなかったです。
もしかしたら、スリランカには過去世とかで特に」しがらみがなかったのかもしれないなぁ、なんて
ぼんやり思ったりして。

ですが、チェックインカウンターでヒト波乱。。。
荷物が17キロover。。。えっと、諸事情ありまして、いや運び屋というわけではないんですが
諸事情ありまして。

チェックインできず、わざわざゲート外に戻って、アンマーと会議。
で、いかにもアジアらしい技のオンパレードで、チェックイン完了。
(書けない色々をご理解ください、キラーン)

他の旅行者にクスクスと笑われながら、レタスもパテもはみ出しまくりの
メガバーガーみたいなスーツケースを空港のおっちゃんと二人で潰したのも、いい思い出です。

うそです!!!
めっちゃイライラして、こんなに怒って飛行機乗るの、は・じ・め・て♪くらい、いいお顔で
スリランカを後にしました。あはははは!!!

なんていうか、このくらい素直に、感情のままに、その場その場で出せた日々って
ほんとうにおもしろかったです。

汗まみれで、いろいろなドキドキでよれよれだったし。
案の定、スーツケースの中で、スパイスオイルが入った袋が破裂して、
惨劇をみたけれど。

おもしろくって、笑いがこみ上げる大冒険でした。

DSCF2394.jpg
<親戚boys・ライル、ラシット、すくすく大きくなってね!!!>

DSCF2813.jpg
<いつでも栄養豊かな食の伝統を残しつつ、スリランカが発展しますように>

DSCF2541.jpg
<手食は楽しいし、味わいが増すと感じた>

DSCF2481.jpg
<ご近所さんがみんな温かく迎えてくれて、それぞれもてなしてくれました。サリー体験もね>

DSCF2520.jpgDSCF2535.jpgDSCF2833.jpg
<お土産に持たせてくれた、ジャックフルーツのカレー。
めっちゃ手間がかかるのです、そして激しくおいしぃ☆>

***

長いはちゃめちゃな文章になってしまいましたが、ようやく旅の記録を終えることが出来ました。
読んでいただき、ありがとうございました!

また、ぜひ行きたい国「スリランカ」。

光と笑いの溢れる島です。


イストーゥティ(ありがとう!)










スポンサーサイト

オーダー作品完成しました。

今回は「月のひかり、淡い白のオパールのような色、ヒスイなどの柔らかいグリーン」が浮かびました。
そして、夢のメッセージはその反対にあるような、工事現場のようなイメージを見せてくれました。
そこから、出来たのがこちらです。

140713_132855.jpg

今まで、オーダー作品は手元に画像も残さず、ご紹介もせずやってきたのですが
(なんでだろう?出しきったら、完成したら、もうそれでいいのだ☆と思ってたのかな?)

これからは少しずつでも、オーダー品、または自分の中からデザインが湧いたときなど、
それを公開していこうと思います。

今回は詳しいリーディングなどはしていませんが、
依頼者さまの現在の状況、惹かれる色、あまり好まない色などを伺って、製作しました。

わたしの創作は、夢に聴いて行います。
あとはオラクルカードを引いたり、ペンデュラムに聴いたりして、起承転結のような
道すじを、みつめて、でも焦点はあえて合さず観るというか。

そこでのイメージを、ビーズの色と数と、かたちなどに落とし込んで創ります。

さっそく窓辺につるしていただき、画像とご感想いただきました。

image.jpg

グリーン、自分では意識してなったけど、こうしてみるとすごく求めていた色みたい、、、

すごく嬉しくて、早速つけてみました。朝起きるのが楽しみなのは久しぶりだったかも!
お気に入りが増えました。


***

いつも感じるのは「創らせて頂いて、ほんとうにありがとう☆」ということ。
これからも楽しみます!!!

★オーダーサンキャッチャーご案内★
※プレゼント用に・・・とか詳しいリーディングは必要ないけれど、自分用に欲しい・・・なども、
お気軽にご相談くださいね。

おうおう☆スリランカ その6

【闇に光る、祈りのドーム】

魔の、じゃなくって、聖なる沐浴を終え、夕刻にはまたまた近くの寺院参拝へ・・・
かみなりの響く中、闇に光る白亜のドーム。

トゥーパーラウェ、ルアンウェリセーユ。。。

巨大な仏塔です。圧倒される大きさと美しさ。
DSCF2801.jpg

やはり、プージャの時間で、多くの信者が行列をなして、供物を運ぶのを並んで見ます。
その際、供物に両手で触れさせていただくことで、こちらも祈りを込めさせていただけるようで。
ですので、長い長い列のすべての供物(花、米、スパイス、飾りなどなど)に触らせていただいた、貴重な体験でした。

DSCF2799.jpg
瑠璃色の鳥に祝福を受け、至福☆

祈りとは、瞑想とは。なんと力を持つものなんでしょう。静なる=聖なるときをもつこと。
まだまだ可能性はある。そんな気がしました。

【おいおいスリランカ?】

夜が来ました。
宿泊は?今夜はどこにお泊りかなー?車は、ゆっくりと寺院のパーキングへ・・・ん????
たしかアンマーが「泊まりはホテルじゃないのよ。まぁ、部屋なの。」って言ってたけど。
まさか・・・・・・・・・!!!!!!!
DSCF2802.jpg
<寺院の裏手の野球部の部室の・・・みたいな、建物>

ドネーション(払えない場合はちょっと掃除とか、労働とかなのかな?)で
誰でもこの場所を借りられるようです。

はい、ここに寝ました。いや、正確には一睡もできなかったので、横になってただけですが。
からだが痛くて、寝返りもままならなかった(床がコンクリートだからーあはは)
でも、みんな簡易的な敷物なのに、私は寝袋まで用意してくれていたのでした。

これほどまでに、長い夜は初めてだったか?
いや、絶望に打ちひしがれて、眠れなかった夜だって今まであったもの。
カエルの鳴き声が誰か人間がふざけているようにしか聞こえないクオリティーで
「へい ほー」と聞こえたり、「take one」に聞こえたりして。おもしろかったからいいじゃないか!!!

みんなスヤスヤ寝息をたてていて寂しかったです(隣のアンマーは意外と眠れてなかったらしいけどw)
情けないけれど正直、いやで泣きそうでした。ゆっくり休みたかったから。
みんなの配慮にも、すぐには感謝できないくらい、この環境に唖然としてしまった自分がいました。

こうして帰国して思うこと。
豊かさって、と。
もちろん、どかーんと贅沢するのも楽しいです。でも。
心遣いだとか、みんなで過ごすほんとうにあったかい家族的な時間が今思うとほんとうに愛しい時間として
私のなかにしっかりとあります。豊かな時間だったのだよ、その瞬間の私よ。分かるかい?
大丈夫、わたしは豊かさの中にいつも、います。

【早朝のメインイベント、足裏ジリジリ修行、つうか徹夜明けは全部修行】
DSCF2803.jpg
<仏陀が悟りを開いた菩提樹の分け木、スーパー貴重なスリーマハー>

こちらは、全身白い服で、参拝します。みなさん、このツアー一番の真剣な姿勢。
香油をささげ、地面に静かに座り、一番敬虔な祈りをささげていました。
(私は・・・子供みたいに舟をこぎ、小突かれる始末。だって寝てないの、うぅ)
DSCF2804.jpg  DSCF2807.jpg  DSCF2806.jpg
<ミヒンタレー。長い階段の先には。熱々、灼熱の岩場>

信じられない熱さの地面をはだしで歩き、信じられない高さと急勾配の岩を登り、
お坊さんたちと眺めるジャングル・・・priceless・・・チーン。

DSCF2811.jpg
<なんだか奇跡としか思えないバランスの岩。イスルムニャ精舎>
きれいな仏教彫刻に癒されました。ここでは日本人観光客さんたちに、JICAのひとに間違われました。

【シュールな寺院めぐりや沐浴again】
DSCF2809.jpg
<すごい数の雑なペイントの(失敬)お坊さんフィギュアが延々つづく謎の寺>
その他、派手な電飾のテーマパークみたいなお寺とか、うだるような暑さの中色々と
連れて行ってもらいました。みんな。。。あ、ありがとうね、ほんとに。。。

で、ランチの前に。再び、あの沐浴タイムがやってきたのでした。
が!!!
今度の湖は、ウシ君がのんびり草を食む水辺・・・のどかでいいですけど。
ウシ君たちの落し物が、所狭しと地面をですね、あの、なんというか。

ムーリーっっっ(泣)

「さより、ランチ前にすっきりしてらっしゃい♪」
「ううん、アンマー。大丈夫」
「何を言うの、早く行って来なさい」
「疲れてるから。。。いいの。。。」
「さっさと水浴びしちゃいなさい!!!その後、車で休んだらいいよ」
「いやなのー!!!とにかくだめなのー!!!ふがー!!!」

初のものすごい、クダラナイ、口げんかwいい思い出☆

こうして(?)
たくさんの寺院、おもしろスポットを巡り、最後は虹に祝福され
一泊の観光ツアーが終わりました。
(タイヤの空気圧がおかしくて、何度もタイヤ点検したり、なにせ高速移動だから
無事つくか心配もしましたがw)

※あぁ、次回でようやく終われそうです。今回も読んでくださりありがとう!!!

おうおう☆スリランカ その5 にして完結編か?(爆)

DSCF2647.jpg
<旅立ちの朝・・・演出 by B氏>

【古都:キャンディへ!!!】
スリランカのリゾート地・ゴールを後にして、私とB氏とそのママは一路、古都:キャンディへ!!!
コロンボから、長距離バスに乗り換えて、ごっとんごっとん揺られること、揺られること・・・w

キャンディは日本で言えば京都のような、歴史ある町。
落ち着きもあり、町並みもきれいでいい感じです。

昼過ぎに、ローカルな薬局で診断してもらったり、
ローカルなアーユルヴェーダ(なんか地元過ぎて?色々笑えた)受けて、メタメタにオイルまみれに
なりつつ、友人のマッサージ代をなぜか私に要求されたり(強引な勧誘ね!!!アジア!!!)
それに対して、とっても冷静に断れた自分にいいね!をしたりして楽しく過ごす。
DSCF2681.jpg

夕方、仏陀の歯が納められているという、仏歯寺へゆきました。
とっても美しいお寺☆
DSCF2688.jpg  DSCF2700.jpg
ちょうど夕刻のプージャ(お祈りの儀式)の時間・・・
神楽(といっていいのかな?)太鼓や笛などおおきな音が響く中、その時間だけ仏歯の入った
宝石キラキラの入れ物が公開されていました。
みんな、一生懸命その部屋をのぞきこみ、そのまばゆさに「ほえー!!!」となっていました。
私もこの旅が、祝福されているのだなぁと感謝いたしました。

キャンディでは湖のほとりのホテルでひとり一泊。
時々停電しつつも、ぬるいながらも貴重なお湯が出て幸せ感満喫☆

翌朝は1Fで結婚披露宴!!!
ホテルマンが勝手に撮影&式場潜入を許可してくれたので参列。(?!)
DSCF2732.jpg<最強にかわいいboys&girls>
DSCF2721.jpg<うんと美しいお嫁さま>

そんなこんなで、短いながらも古都キャンディを楽しみました。
今度はママが通う、山の中の瞑想センターに行きたいと思う私でした。

【マイホーム・ガンパハへ戻る】
DSCF2659.jpg
<車内販売のおっちゃん。飲み物・ミロとか、ゆでモロコシ(めちゃ硬い)、豆ドーナツなど売ってます>

またまた列車に揺られ、世界の車窓からごっこをしつつ、ホームステイ先のガンパハに戻りました。
B氏とゆっくり話せてよかった。彼はチャラさwの中に、相当すてきな静けさもあって、尊敬しています。
感謝!現実を生きていくうえでの瞑想や宇宙との向き合い方などetc。

到着したガンパハには、アンマーがお迎えにきてくれていて、「アイム ホーム☆」と叫んでしまった。
ホストファミリーの温かさがそうさせるのですね。

翌日は、ゆーっくり過ごしました。
というのも、旅の疲れか?処方された薬の作用か?砂糖の摂り過ぎか、その全部か。
手と足に汗疹状のぶつぶつが発生して、非常に痒いのです・・・泣。
不思議なくらい、どちらも手首以下、足首以下だけ。

しかたなく、絹靴下を履きつつ、砂糖いっぱいのティを控え、うどんゆでたりして食べました。
どんどこ発疹は増え、かゆみが増し・・・不安になりましたが。
でもどこかで「デトックスだからいいのだー」と腹も据わっており、パニックにはあまりなりませんでした。

【ようやく?世界遺産、ダンブッラ、シーギリへ!!!】

翌早朝5時出発にて、おおきなバンで出発ー☆
総勢12人(ファミリーとその友達親子と、そのまた近所の友達と???)の意味不明に大掛かりな
ツアーでございます。

まずは有名なお寺に寄って、今回の旅の無事を祈ります。(代表者が降りてお布施を置いて祈ってくる)
こういう風習が、スリランカの素晴らしいところだなぁと心から感じました。
みんな、一度車を停めてお祈り。ほんとうに、すてきだ。
DSCF2756.jpg

まずは黄金寺院、ダンブッラ到着。
自然の洞窟内に、涅槃像などたくさんの仏像が納められています。
けっこう高台にあって、みなさん裸足で岩ごつごつの坂を歩いてゆきます。
もちろん私もそれに習って・・・あっつ!!!足裏が焦げる勢い。。。
DSCF2769.jpg<かわいい小猿はお供えの花の蜜に夢中>  
DSCF2771.jpg<参道には手相診断のじいちゃんもいます>

ダンブッラとは「聖なる水」の意ということで。
第二洞窟の天井から聖なる水が滴っていると、ガイドブックにはあったのですが、すっかり忘れてしまい
確認できず。あちゃー。また行ったときに見てみようと思います。
DSCF2782.jpg

そして、シーギリへ☆
大きい!!!ジャングルの中に、どどーんと!!!
※ジャングルの小道がまた、美しいのです(でも、夕方は野生のゾウが闊歩するので危険地帯とのこと!)

何も陽射しをさえぎるものがないので、ものすごい暑さの中、このロックをひたすら登りました。
途中、有名な壁画「シーギリヤレディ」を愛で、王宮頂上付近のライオンの入り口まで。
DSCF2785.jpg  DSCF2792.jpg

頂上からの絶景は、もう今でも思い出すと、クラッと来るくらい、絶景かな!!!絶景かな!!!でした。
写真では到底切り取れず、、、心の中に広がる、あの広大なるジャングルを大切にしています。

【シーギリの湖で平泳ぎ】

で。すばらしい宮殿遺跡を堪能したのち。。。
ここで私の脳ミソをひっくり返すことが起こりました。

サヨリ、今日のお風呂は湖よ。

え???

今日のお風呂は湖よ。

茶色の水。
近所の皆さんが石鹸でがしがし全身洗ってる、茶色の湖で、お風呂。。。
絶句する私。
ジャスト サプライズィング・・・・・・・・・・・泣

もう汗でべとべとですが、そりゃ、汗を流したいですが。
行水修行が待っているとは。
みんな楽しそうなので、では♪私も・・・・・・・泣

ちゅぱちゅぱちゅぱー☆
あ‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘------------!!!!!!!!!

魚たちが、足に食いついてくるのです。
ええい、発疹が治るとしか思えなくなってきた☆
ドクターフィッシュだわ!どうぞどうぞ(上島流)←ほんとうに皮膚がすこし回復した♪

しまいには、子供たちと潜水&平泳ぎーわいわい☆
DSCF2797.jpg
<なにか吹っ切れた表情???カルマが魚に食われたかな?>

修行はまだまだ、つづくのだよ。
ここからが本番だということを、まだこのときは知る由もなかった私でした。

※やはり書ききれず。
つづーく!!!







Tag List

風水 イルカ サンキャッチャー インナーチャイルド  月への願い ホオポノポノ 浄化 オーラソーマ ロミロミ キャンドル raiinbow 越智啓子 レイオハナ ヒーリング ユニコーン ウィリアム・レーネン よしもとばなな ローズ クリスタル  盲導犬協会 レイオハナからのお知らせ 日笠雅水先生 ハワイ マナカード ドリーン・バーチュー コラージュ マインドマップ ホ・オポノポノ 足湯 琺瑯 オハナ 斉藤一人 パスタ 健康 春分 新月 バシャール  おもしろいこと 預言カフェ 天使 rainbow スマイル ハグ 越智啓子先生 ブラックパール 

月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

こんにちは

Lei *Ohana    

Author:Lei *Ohana    

お申し込み&メッセージはこちらへ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
ぜひおすすめなリンク(五十音順)
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。